診療のご案内

緑内障(専門外来ご案内)

患者さん および一般の方へ

専門外来について

緑内障は眼圧に関連して視神経が障害される結果、視野で見えづらいところが広がっていく病気です。原発開放隅角緑内障や正常眼圧緑内障を代表とする慢性のものと閉塞隅角緑内障を代表とする急性のものがあります。最近の調査の結果、日本では他の国々に比べ眼圧が高くないのにもかかわらず視神経障害が慢性に進む正常眼圧緑内障の頻度が非常に高いことがわかってきています。どのようなタイプの緑内障でも、眼圧を下げることは視野障害の進行を予防する効果が期待できるますので、治療は点眼薬や手術などで眼圧を長期にわたって安定的に下げることを目標にします。

緑内障外来とは

緑内障の多くは慢性のもので、その通院・治療はほぼ一生にわたり、その病型や経過はきわめて多岐にわたります。そのため緑内障の診療においては、患者さんと医師の間の良好なコミュニケーションを築き上げていくことが重要です。緑内障外来では、患者さんに比較的無理がかからないスケジュールで定期的に通院していただき、緑内障の専門医が継続的にテーラーメードな診療にあたらせていただくことを基本としています。

次のような患者さんが対象

眼圧、画像、視野検査などを含んだ定期的な緑内障診療が長期にわたり必要な慢性の緑内障の患者さんを主な対象としています。

この科の主な検査と説明

眼圧検査:眼圧検査には簡便なノンコンタクト式と正確な眼圧測定が可能な圧平式がありますが、緑内障の診断、経過観察では圧平式眼圧測定が必須です。1ヶ月から3ヶ月に一度程度の検査が標準です。

視野検査:緑内障では視神経の障害にともない徐々に視野に見えづらいところが広がってきますので、視野検査は非常に重要です。当科では、ハンフリー視野計および他の新しい理論にもとづく視野計による精密視野検査を半年から1年に一度検査しています。

視神経乳頭検査:緑内障による視神経の障害は、視神経乳頭上での陥凹の拡大というかたちで知ることができます。当科では、毎回診察時に専門医が視神経乳頭をチェックするとともに、定期的に視神経乳頭のステレオ写真撮影を実施しています。又、最新の測定装置であるHRTⅡやGDx VCCなどを用いて視神経の障害の程度を定量的に評価することも積極的に行っています。

緑内障リスクファクターの評価:個々の患者さんで、緑内障が将来的に進行しやすいかどうかを事前に知ることは難しいのですが、各種のリスクファクターを評価することはその推測の一助となります。そのため、頭部MRI、血圧、角膜厚などの種々の検査を適宜行っています。また、一部の緑内障に関連すると考えられる遺伝子の検査も行っております。

医療職の方へ

緑内障外来とは

緑内障外来では、主に開放隅角緑内障や正常眼圧緑内障などの慢性の緑内障患者を対象に、眼圧、視野、画像検査など緑内障のフォローアップに重要な検査を長期にわたり定期的かつ確実に継続することにより、病期、進行の有無などに応じた適切な治療を選択することを目的に外来診療を行っています。又、HRTⅡやGDx VCCなどの新しい診療装置も積極的に取り入れています。

診療体制

診療日は火、水、金曜日です。各診療日には、東大のスタッフをはじめとした複数の緑内障専門医が診療にあたっています。緑内障外来では、新患の患者さんの直接の受付は行っていませんので、まず一般外来を受診していただき、診断に必要な各種検査を実施したあとに、定期通院が必要な方を中心に緑内障外来での経過観察とさせていただいております。紹介状などでは、「緑内障外来宛」にしていただければ、緑内障担当スタッフが対応させていただいています。

得意分野

  • 緑内障全般。
  • 薬物療法:特に正常眼圧緑内障の先端的薬物治療の開発。
  • 手術療法:症例により最適の術式を施行しており、難治性緑内障の経験も多い。

外来担当一覧

  • 火曜日:間山千尋、村田博史、坂田礼
  • 水曜日:松尾寛、中島富美子、間山千尋、朝岡亮、三嶋弘一、杉崎顕史、齋藤瞳、俣木直美
  • 金曜日:山上淳吉、国松志保、朝岡亮、平澤裕代、竹渓友佳子