診療のご案内

糖尿病(専門外来ご案内)

患者さん および一般の方へ

お知らせ

糖尿病による失明は、失明原因の第一位になっています。糖尿病の患者さんは是非とも眼科検査を受けましょう。

眼科糖尿病とは

糖尿病患者さんを対象に、糖尿病の眼合併症の有無を検査し、適切な時期に治療を行います。

次のような患者さんが対象

糖尿病による眼の病気は、かなり進行しないと視力低下などの症状が出てません。従って、自覚症状がなくても受診して下さい。

この科の主な検査と説明

細隙灯と眼底検査:一般的な眼科検査にて、糖尿病の眼合併症の有無を調べます。

蛍光眼底造影:造影剤を点滴して、眼底の写真をとります。

OCT検査:糖尿病網膜症に合併した黄斑部のむくみを調べます。

この科で行われている特別な治療について

網膜光凝固:レーザーで網膜を焼き、病気の進行を止めます。

硝子体手術:手術により、硝子体中の出血を取り除いたり、剥離した網膜を復位させたります。

医療職の方へ

お知らせ

糖尿病による眼合併症で、治療に苦慮している症例での御紹介を歓迎します。特に、網膜光凝固に苦慮する症例や硝子体手術が必要な症例のご紹介を歓迎します。

眼科糖尿病外来とは

糖尿病患者を対象とし、糖尿病網膜症の管理を行います。

診療体制

毎週水曜日午前中

治療方針

  • 単純網膜症→経過観察、血糖コントロール指導
  • 前増殖網膜症→蛍光眼底造影、網膜光凝固
  • 増殖網膜症→網膜光凝固、硝子体手術

対象疾患

糖尿病網膜症

外来担当一覧

  • 池上靖子、加藤聡、善本三和子、福島はるみ、戸田淳子、白矢智靖、椎橋美予