診療のご案内

黄斑(専門外来ご案内)

患者さん および一般の方へ

黄斑外来とは

黄斑外来では、近年、日本でも中途失明原因の上位となっている加齢黄斑変性を中心に、黄斑部という網膜の中心部に異常を来たす疾患を専門に診察・治療する外来です。黄斑部は、角膜、水晶体で屈折した光が焦点を結ぶ網膜の中心の場所で、文字や色を識別する細胞のほとんどがこの黄斑にあり、網膜の中でも視機能が最も鋭敏なところです。多くの患者さんが硝子体内注射や光線力学療法などの最新の治療を受けておられます。また、外科的疾患(黄斑円孔、黄斑前膜)についても手術担当医が治療を行っております。次のような症状をお持ちの方が対象です。

  • 物がゆがんで見える
  • 視野の中心部が見づらい
  • 物が小さく見える、あるいは大きく見える
  • 物がかすんで見え、視力が低下した

この科の主な検査と説明

視力、前眼部および眼底検査:眼科で行われる最も基本的な検査です。

蛍光眼底造影検査:腕から造影剤を注射し写真撮影することにより、眼の奥の微細な血管異常を検出する事が可能な検査です。

光干渉断層計:近赤外光を用いることにより、非侵襲的に網膜の断層像を得ることができる検査です。

医療職の方へ

黄斑外来とは

黄斑外来では加齢黄斑変性を中心として、強度近視や網膜色素線条症に伴う血管新生黄斑症の他、網膜中心静脈閉塞症、網膜静脈分枝閉塞症、糖尿病黄斑浮腫、中心性漿液性脈絡網膜症等の黄斑部疾患を主体に診療しています。

診療体制

一般的な眼科検査後、フルオレセインおよびインドシアニングリーンを用いた蛍光眼底造影検査、光干渉断層計(OCT)などの検査を行っています。

治療方針

上記各種検査ののち、加齢黄斑変性では薬物療法、光線力学療法、網膜光凝固、黄斑下手術等の治療方針を決定します。当院では加齢黄斑変性は専門外来の担当医が責任を持って診療にあたっています。黄斑浮腫に対しては薬物療法も積極的に行っています。外科的疾患(黄斑円孔、黄斑前膜など)についても手術担当医が積極的に治療を行っております。

得意分野

加齢黄斑変性、強度近視や網膜色素線条症に伴う新生血管黄斑症、特発性脈絡膜新生血管、網膜中心静脈閉塞症、網膜静脈分枝閉塞症、糖尿病による黄斑浮腫 、中心性漿液性脈絡網膜症、黄斑円孔、黄斑前膜など

外来担当一覧

  • 水曜午後:柳 靖雄、小畑 亮、足立知子、井上 達也、高橋秀徳、青木 彩、藤村茂人、本多麻衣子、上田 高志、呉 香代、野村陽子
  • 木曜午前:柳靖雄、呉 香代、井上 達也