診療のご案内

神経(専門外来ご案内)

患者さん および一般の方へ

神経外来とは

  • 眼球自体の病変では説明のつかない視力障害、視野障害
  • 複視(片眼では問題ないが、両目で見るとものがずれて二つに見える)、眼球運動障害
  • 眼瞼下垂(まぶたが垂れ下がる)
  • 眼瞼けいれん(まぶたがぴくぴくして目を開けていられない)

などの診断、治療を行っています。その原因は脳内病変、全身疾患(甲状腺疾患、重症筋無力症、サルコイドーシスなど)、神経疾患、中毒、外傷、先天性、心因性など多岐にわたりますので、通常の眼科的検査以外に血液検査、画像検査(MRI、CTなど)を必要とすることもしばしばです。

次のような症状をお持ちの方が対象

  • 視界の中に見えない部分がある
  • ものがダブって見える(特に両目で見たとき)
  • 目の動きがおかしい
  • まぶたが下がってきた
  • まぶたがピクピク痙攣する

この科の主な検査と説明

視野検査:見える範囲の広さを検査し、視野狭窄の有無を調べます。

色覚検査:色彩の識別障害がないか調べます。網膜・視神経疾患の検出に役立ちます。

中心フリッカー:光のオン・オフの頻度を上げてゆき、その区別がつかなくなる臨界域値を測定します。視神経疾患の検出に役立ちます。

眼位検査:視線のずれを定量します。

眼球運動検査:目の動きがおかしくないか調べます。

医療職の方へ

当外来では第II〜VIIの脳神経に関係する疾患や、全身疾患の症状のひとつとして現れる眼およびその周辺の症状を主に取り扱っています。視力、眼圧、細隙燈、眼底検査など、ルーチンの眼科検査では説明のつかない病態を取り扱うため、通常の血液検査、CT、MRI、PETなどの画像検査、神経生理学的検査、遺伝子検査などが必要となる場合もあります。当外来で全身疾患が見出される場合も少なくありませんので、眼科以外の知識はかなり有用です。