その他

医局イベントルポ

忘年会 (2011年6月9日掲載)

2007bounenkai_2

忘年会は、医局忘年会、オペ室忘年会と毎年それぞれ参加しています。2007年度は両者が同じ日にあり、オペ室忘年会に出席後、医局忘年会に参加するという強行日程となりました。と言いましてもオペ室忘年会は滞在時間約15分。ただ出し物をやって、即退席し、そのまま医局忘年会へ直行となりました。そこではおいしい料理と大勢の先輩方が待ち受けていました。例年10分程度の宴会芸を今年は延々30分にわたってやり続けました。2007年度は『本郷マラソン』という題目の芸を行いました。僕らの同期ですが、医局員としては教授の次に高齢というホテ○先生が東大病院から今回の忘年会会場までマラソンし、それを会場で中継するというものでした。その途中に出会うさまざまなハプニングや有名人(先生方の変装)の励ましを受けながら、ホテ○先生は無事、会場でゴールテープを切ることができました。

多くの先輩方にも快く御参加いただき、開会宣言はなんと新家先生にしていただきました。心温かい諸先輩方の助けもありましてとても盛況でした。とても感謝しております。

その後は一年間のご褒美のようないろいろな賞の発表、ビンゴ大会と続いていき、あっという間に一次会は終わりました。そのまま二次会(ホテルのバー)、三次会(カラオケ)へと夜は続いていきました。その後は、家路につく人あれば、新宿二丁目に行く人あればとみなそれぞれでした。

こうして2007年の忘年会は過ぎていきました。準備などいろいろ大変でしたが、とても楽しい思い出となりました。同期のみんなといろいろと準備をしたことも良い思い出となりました。ただ、忘年会が終わると、もうすぐ眼科医として2年目を迎える時期が近づいてくることを実感し、多くの時をすごした東大病院、先輩方、同期の友人達と離れる時期が近づいてきたのかなぁと思うようにもなりました(東大病院の専門研修2年目は多くは外病院にて研修を行うため)。そして、東大病院での残り3ヶ月の研修をより密度の濃い内容にしなければな、と思いました。忘年会は多くの先生方と接することができるだけでなく、去年一年を振り返り、新しい一年に新たな目標を与えてくれる良い機会となりました。

2007bounenkai_4