診療情報提供書(紹介状)はこちら

医療関係の方へ

専門外来黄斑・網膜

黄斑・網膜 外来表

外来日(横にスクロールしてご覧いただけます)

外来日 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
午前午後 午前午後 午前午後 午前午後 午前午後
第1、3週
(網膜のみ)
担当医師
  • 小畑亮
  • 東惠子
  • 上田浩平
  • 北本昂大
  • 青木修一郎
  • 藤野亮介
  • 井上達也
  • 戸塚清人
  • 野村陽子
  • 譚雪
  • 中村奈津子
  • 北野まり恵
  • 縣千聖
  • 大久保篤

診療体制、治療方針など

黄斑・網膜外来は黄斑部滲出性疾患(加齢黄斑変性、その他の血管新生黄斑症、網膜静脈閉塞症、網膜動脈閉塞症、網膜細動脈瘤)、萎縮・変性疾患(網膜色素変性、黄斑ジストロフィー、AZOOR、MEWDS)、ほか様々な黄斑・網膜疾患の診療を行っています。

充実したスタッフと最新の画像診断装置(OCT、OCT angiography、広角眼底カメラ、レーザー検眼鏡)により、最適な診断と最善の治療方針を常に心がけています。

治療としては抗VEGF薬療法、光線力学療法(PDT)、局所レーザーなどを単独または併用した治療が主となりますが、患者様一人ひとりの病状病態に合わせた加療も心がけております。今後も専門外来を受診した全ての患者様に高い水準の医療を提供すべく日々努力してまいります。

今後も信頼にお応えする診療、ラーニングカーブを最大化させる教育につきシステムの構築と維持に努めております。そしてまた、臨床研究においても多くの症例から得られた知見をもとに積極的に研究発表を行ってまいりました。これからもご紹介頂いた患者様にご満足いただける医療ができるよう日々努力し、また得られた知見を少しでも医学の向上・人材育成に役立てられるよう精進して参りたいと考えております。