診療情報提供書(紹介状)はこちら

医療関係の方へ

専門外来ロービジョン

ロービジョン 外来表

外来日(横にスクロールしてご覧いただけます)

外来日 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
午前午後 午前午後 午前午後 午前午後 午前午後
第2週
担当医師
  • 小林めぐみ
  • 神林洸希
  • 坪田裕喜子
  • 柳澤美衣子(ORT)

ロービジョンの定義

障害等級に準じて視覚障害が認定されますが、最近の考え方では、光覚・手動弁・指数弁から、全色盲など、「見えづらい方」は、すべてロービジョン者です。

ロービジョン外来とは

眼疾患の程度から、すでに視覚的困難が生じていると思われる患者さんや、今後視覚的困難が生じることが予想される患者さんに対して、各種補助具を用いることにより、残存している視機能を最大限に生かすことにより、Quality of life(QOL)を向上させることを目指します。

診療体制

完全予約制ですが、患者さんの相談は随時受け付けていますので、気軽に聞いて下さい。受診にあたっては、原則として、ゴールドマン視野検査は施行しておいて下さい。

ロービジョン外来設備一覧

  • 拡大読書器(ナイツ社 VS-1500)
  • ルーペ(エッッシェンバッハ社 手持ち/卓上用、コイル社 手持ち/卓上用、ほか)
  • 単眼鏡(ナイツ社 ポケビュートライアルセット)
  • 遮光眼鏡(東海光学CCPシリーズ)
  • 擬似体験セット
  • 視覚障害用コンピューター
  • ZoomText Xtra(画面表示拡大ソフト)
  • PC Talker(画面表示音声化ソフト)
  • MYWORD(ワープロソフト)
  • MYMAIL(電子メールソフト)
  • よみとも(OCRソフト)
  • EyefineTM(ケイメイ 携帯型自動合焦拡大鏡)
  • 便利グッズ各種(サインガイド、ほか)

ロービジョン外来の流れ

お一人 約1時間半ほど時間がかかります。

視力検査:現在の視力や、文章を読むスピードを検査します。

問診

どのようなことにお困りなのか、ご家族がいらっしゃればご一緒にお話を聞かせていただきます。

各種ロービジョンケア

各患者さんのニーズに応じて行います。例えば、拡大読書器、ルーペ、単眼鏡、遮光眼鏡などの各種補装具のご紹介 ロービジョングッズの紹介、テープ版AERAなど

更生施設の案内:コンピューター(拡大機能、音声ソフト)のデモ(不定期ですがコンピューター教室も開催します)

疑似体験:ご家族の方へは、患者さまがどのような見え方をしているのか、疑似体験をしていただくことができます。